9.ご近所に見守られる中、工事は続く

2009 年 6 月 6 日 土曜日 5:00

コンクリート掘りが終わってから3日間は、仕事で暗くなってきてから帰宅するので、よく進行状況が分からない。一応、毎日夜8時くらいにIさんから連絡が入り、今日はここまで進んだ、という進行状況を教えてもらう。明日はペンキ屋さんが来るよーとか、コンクリートを流すから踏まないでねーっとか。あっという間に5日間が過ぎ、工事も折り返し。

お向かいさんも、毎晩、夕飯の差し入れを持ってきては、進行状況を聞いてくれる。我が家は割りと下町なので、ご近所付き合いはちゃんとある方だと思う。

そういう意味ではセキュリティー面がバッチリだけど、面倒だなーっと思う事も多い。


京都に住むのは大変だ、と言う人も多いし、ワタシもそう思う事もあるのだけど、私は生まれ育った家に住み続けているので、ご近所さんも小さな頃から知ってくれている人達ばかりなので、わが子を見守る、的な思いで見てくれてのかも、と思う。

3年前までは両親もこの家に住んでいて、「嫁にも行かず、親のスネかじり」みたいな目で見られてた感じだったのが、1人でこの家に住むようになってからは、「頑張るなー」とか、「1人で大丈夫?」みたいな応援モードにシフトしてきた印象すらある(気の毒がられてるのかもしれないけど)。

私がこの家に住み続けているのは、第一に家賃が安い(マンションみたく更新料とかも無い)という事だけど、近所に住む人が家族ぐるみで知っているという安心面、みたいなものも凄く大きいと思う。

昔は知らない人ばかりの中で暮らす方が楽だと思ってたけど、1人で居ると、漠然とした安心感って有難いなーっと思う事、多いです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 00

タグ: ,

コメントは受け付けていません。