カフェメニューの試作。

 5日のカフェの日、朝はいつもより早く出る為、早起きだったのだけど、夜中の雷と大雨であんまり眠れず、ウトウトしながらトイレに行こうとすると、トイレ前の床がびしょ濡れ!古い家なので激しい雨の時は、雨漏りです。でも、こんなに雨漏りした事は記憶にないので、相当な豪雨だったんだなーっと、朝から床拭きの為、何度も洗面所へタプタプに水を含んだ雑巾を絞りに往復。カフェ前から何だか疲れてました。古い家なので、ご機嫌伺いながら暮らすしかありませんねぇ。

 連休カフェが終わって、10時間くらい寝てやるぜ!と意気込んだ割りに6時間睡眠で、ばっちり目覚めてしまう。何だか掃除の神様が降りてきたので(年に2,3回の珍しい出来ごと)、工房の大掃除。年末に出来ないので、夏の間にね。脚立に乗って、冷蔵庫の上を拭いたり、更に上の棚のものを下ろして拭いたり、換気扇のひさし部分を拭いたり、材料を入れているプラスチックのケースを洗ったり、道具入れの引き出しを洗ったり、無心で水仕事。暑かったので、水仕事が気持ち良かった。明日も引き続き、大掃除をやる予定。

 写真はピーチメルバの試作第二弾。上からかけるソースをいぐりすもものソースにしてみました。いやもう美味しーですよ。多分、7月30日(月)のカフェのメニューになるんではなかろうか、という予想。桃の具合によるので、まだ分かりませんが。桃ジャムは今、ウェブショップでは完売中となっておりますが、桃が山梨から第二弾、到着したら、また追加で煮る予定ですので、ご希望の方は少しお待ち頂ければ、と思います。カフェではまだ少し、在庫がございます。5本10本とまとめ買いして下さる方が多い桃ジャム、作り手としては本当に光栄な事と思います。

 パンケーキメニューを出している間は、本日のケーキが1種類のみ、という事でやっていこうとしています。セット用にハーフサイズにしなくて良いので、夏の間はチャレンジなメニューも登場すると思います。パンケーキのトッピングも週替わりで1種類は出したいし、試作試作の日々になるなー。
 イギリスで初めて食べてビックリしたサマープディング。プディングってカスタードプリンみたいな物を想像しがちですが、これは食パンを使ったお菓子です。サマーフルーツ(主にベリー類)を軽くコンポートにして、シロップでヒタヒタにした食パンの中に入れる、という不思議なお菓子。全っ然甘くなくって、酸味がピシ!っとあって、美味しいのです。食パン部分が何故?というくらい違和感が無くて、美味しかったのを覚えています。写真は16年前にイギリスから持ち帰ってきたレシピ本の写真です。私が食べたのはフルーツの形、こんなに丸まま残って無かったけど、こういう感じのビジュアルです。

 で、試作したのだけど、シロップが全然足りなかったみたいで、白い部分が多い。かなり上からシロップかけたのにー。中には、苺、ブルーベリー、チェリー、ルバーブを入れました。

 断面はこんな感じ。うーーーーん・・・。食パンが主張し過ぎだなぁ。パン部分が多くなっちゃうからポーションで作らない方が良いのかも。そして、もっと薄い食パンを使った方が良いな、10枚切りじゃ厚過ぎる。でも食パンって何枚切りが一番薄いんだろう??今度、聞いてみよう。でも根本的にイギリスの食パンと日本の食パンじゃ全然味も食感も違うから、難しいのかも。中のフルーツのコンポートもボヤっとしてるし、完成まで道のりは長そう。イマイチなサマープディングを3つも食べる事になり、第二段の試作に取りかかる気になれません(笑)。まず、来年のイギリス旅行で再度、美味しいやつを食べてみるべきだわ!と。くり抜いた食パンの残骸がたくさんあったので、細かく刻んでオリーブオイルを垂らしてクルトンにした。サラダにたっぷり入れて食べよう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA