リバプールストリートでマーケット三昧。

2013 年 6 月 29 日 土曜日 17:30

 日曜日のロンドンってホントに過ごしづらい。どこに行っても人はいっぱいだし、開いてないお店は多いし。まぁ昔から比べたら随分お店も開けてくれると思うのだけど、私の行きたかったお店は軒並み日曜はお休みだったし。
 という事で日曜はリバプールストリートに行く事にします。平日はビジネスマンだらけの地域ですが、日曜日は街全体がマーケット、という感じで1日楽しめます。結構大きな駅ですよ。

 ガーキン(確かきゅうりのピクルスって意味だったかと)、と呼ばれるビルです。これも私が居た頃には無かったです。

 はー、良い天気!この辺はカフェなどもあって賑やかだけど、日曜なので洋服とかのお店は閉まってました。

 ペチコートレーンは地元の人用のマーケットという感じ。雑貨系が多いかな。スピタルフィールズマーケットあたりはオーガニック系の食品や屋台系、ファッション系も多い。ちょっと歩くとまたマーケット、またまたマーケット、って感じです。

 朝ご飯メニューが良い、という事で、凄く行ってみたかったSt.Johnというお店です。意気揚々を乗り込むも、朝ご飯は11時まで(私は10時55分くらいに着いたのだけど、もうダメって)、ランチは12時から11時から12時までの1時間は飲み物のみのオーダーのみ、とビックリの言葉が。そんな杓子定規なーー。

 朝ご飯はもう無理という事でランチの時間まで時間をつぶして(つぶせる場所はたくさんあるので)、ランチにきました。でも、ランチがどんなだか全く知りません(だって朝ご飯食べに来たわけだし)。ここはワインと料理のお店なので、ワインリストが凄いです。

 パンが有名で色んな所に卸してたりするみたいです。レストランの奥にあるのに、知ってる人は次々来てパンを買っていかれます。

 まずはパンとバターがやってきます。何をオーダーしようかなぁ、とメニューを見るも、サンドウィッチみたいな軽食系のメニューは一切無いのです。ワインのアテばかり。これは困りました。むーー。

 致し方無くラムをオーダー。ラムのグリーンソースとブレッド、と書いてあったのだけど、これが塩気とオイルがきつくて、喉の痛い私にはきつかった。他のメニューもきっとこういう感じなんだろうなぁ、と諦めてパン買って帰る事にします。

 有名なドーナッツがあったので大喜び!パン工場の方で金曜のみ揚げたてドーナッツが買える日があるんだけど、ホントに行きたかったのです(行けなかったけど)。1種類だけだけど、食べれるとは思ってなかったので即決。1個2ポンドもする高級ドーナッツです。

 バニラビーンズたっぷりのカスタードクリーム!びっくりの美味しさ!今まで食べたドーナツの中で一番!くらい美味しいです。これが揚げたてだったらどれだけ美味しいんでしょうか!そして他の味も食べたい!次回ロンドンに来たら絶対、揚げたてドーナッツ買いに行きます!

 そしてアイルランドの紅茶を買いにA・Goldという可愛いお店にやってきました。駄菓子が並び、ホームメードのトレイベイクケーキなんかもレジ横に並んでます。可愛いお店です。

 店内で食べられるみたいで(飲み物も注文出来るみたい)、可愛いスペースがありました。でも私、濃い目のお昼とドーナッツ食べたばかりでお菓子を食べるお腹の余裕が無いのです。残念無念。

 古着系のマーケットでコンコン咳き込み(免疫力が落ちてるのでハウスダスト系か家ダニ系のアレルギーが)、屋内のフード系マーケットへ。お腹いっぱいだけど、知らない国の料理を見るのは楽しいですねぇ。

 人種のるつぼなロンドンですから、屋台の料理の国籍も多種です。そしてレストランと違って指差し注文出来るのは旅人には嬉しいですよね。公園などのパブリックスペースもたくさんあるロンドンなので、天気が良ければ気持ちよく食べられる場所も多いので、週末はマーケット、お勧めです。

タグ:

コメントは受け付けていません。