素朴なパン屋さん。

 今日は無事に映画館に行って「アメリカンユートピア」鑑賞。3席開けた同じ列に座った方が、超落ち着きなく、割とダイナミックなと音を立てつつ飲食された上、途中でトイレに立つのになぜか、私の前を通り(反対側から出ると出口側なのに)、また私側からお戻りになるという、ちょっと勘弁して下さいよーっという事案もありつつ、1年ぶりの映画館堪能しました。なんか、こういう事があるから家で配信みておこう、とかなるんだよなー。私、気が散るたちなのか、となりで鞄ゴソゴソされると「何探してるの?映画見てるのに?そんなに今、探さなきゃいけない大切な物なの?」と映画よりその、何探してるかの方が気になってしまうという(そして大抵、飴とかティッシュとかだったりして、うぅーーっとなる)。そして、帰宅して映画鑑賞後の盛り上がりを維持しつつ、youtubeで「stop making sense」を鑑賞。便利な世の中だ。デイビット・バーンは昔からお洒落感が凄いな。そして今の方が、エネルギーある感じ。

 映画館からもほど近い近所の素朴なパン屋さんkenny’s。長い間お世話になってるのもあり、時々無性に食べたくなる。特にここの甘いえんどう豆のパンが好きで、あれば絶対買う。豆の量が太っ腹なのです。ふふふ。町内の同級生にこの辺だと、どこでパン買うのー?っと聞くと、kenny’sやなーっと。私も!何買う?っと聞くと、全然違うチョイス。私も今度買ってみよう、な品を返ってから思い出す。卵サンド、次回は卵サンドを買うのですー。

 ロールパンのこの美味しそう感。4つ入りだけど1個から買える。これで卵サンド作ろう。

 こちらは全然近所じゃない元田中のマルホベーカリータカラダのパン達。右側のが何とクロワッサン。パンの種類は少ないのだけど、どれもマットで素朴なビジュアルで、食べた感じも滋味深い味。多分、また買いに行くと思う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA