5月末の小旅行(門司港編その1)。

門司港 小倉から15分くらいで門司港に到着。近いですねー。そして海も近い!私にとって海のある町は非日常です。田舎も無いので、海の近くで海産物を食べる、というのは非常に贅沢かつ、旅に出た甲斐があるというものです。という事で、夜は回転寿司、という事にしました。それまで、街ブラです。色々な施設は5時を回って閉まってるのだけど、Cさんお勧めの地元スーパー、ハローデイに行ったり、洋館を外から見たり、次の日、雨だったので、この日、良い天気で街ブラして良かったです。

SL 九州鉄道記念館はもう閉館していたけど、SLがあったり、運転席だけの色々な電車が展示されているのが、外からでも見えます。

運転席 こちらは運転席だけの電車で、多分、実際に触れるのだと思う。

線路 素朴な町並み。次の日乗る予定の潮風号という観光列車の走る線路。のどかな単線です。私は2006年に門司港には一度来てるのですが、その時にはこういう観光列車は無かったです。

mojiko 突然、MOJIKOというモチーフが現れる。可愛い。記念撮影にいいですね。

夕焼け 夕焼けが綺麗になってきました。次の日が雨というのが昼間は信じられないくらいの夏日だったけど、夕焼けを見ると雲が多いな、と気付きます。

夕焼け 何が釣れるのかな。釣りしてる人はすっごく多かった。金曜の夜だから、仕事終りで来られる人も多かったのかも。

夕焼け 漁船も多くて、いい景色だなー。ホント、この日が雨だったら夕焼けは見れなかったので、天気で良かったな。

夜景 暑い日だったので、夜の散歩も快適ー。ホントはナイトクルーズをする予定だったのだけど、水嵩が高いとかで、この日は運行中止だそうで、残念ー。

夜景 高層マンションの31階にある展望台にも行って、夜景を楽しみました。でもガラス張りだと写真ってうまく撮れないんですよねぇ。海に映える夜景、素敵でしたよ。

白子 開店寿司は門司港でも何軒かあるようだったけど、海人というお店でした。常連さんは紙に書いて板前さんにオーダーを渡していたけど、それ知らない私たち、ビジター感丸出しで大きい声で注文しまくってました(笑)。ふぐの白子。

唐揚げ ふぐのアラの唐揚げ。普通のふぐの唐揚げもあったけど、これ今日のお得メニューみたいのだったのです。

寿司 海老3種とか、青魚3種とか、色々ちょっとずつなお皿もあって、嬉しい。ちょっとシャリも小さめで色々食べたい私たちには、嬉しいボリューム。

ふぐ ふぐ。こちらはポン酢で、と言われたので、ポン酢で。他にも色々食べたけど(クエとかも)、どれも美味しかったです。

荒炊き 最後に食べたアラ炊きがまた美味しくて。白ご飯でかきこみたい味でした。ふー。

ホテル 宿泊は門司港ホテル。新幹線とセットで安くなってたのだけど、とても良いホテルでした。ちゃんと海峡側、と指定したので、景色も良かったです。窓枠のブルーが良い感じ。これだけスマホで撮ったので、横長写真です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA