グランヴァニーユのケーキたち。

グランヴァニーユ 5月なのに連日のこの暑さ。体力奪われるなぁ。29日30日と留守にしますので、メールの返信など遅れます。申し訳ございません。ブログは予約投稿で滞りなくアップされる予定です。
 グランヴァニーユは、通院の帰りに寄ってイートインをする事がちょこちょこあるのだけど、今日はテイクアウト。誕生日ケーキという事でね。お気に入り達を。ケイクシトロンは所謂ウィークエンドなんだけど、中に刻んだレモンのコンフィ入り。焼きっぱなしのタルトやヴェノワズリー類と同じショーケース上の常温スペースに置いてあるので、パッケージされた焼き菓子ではなく生菓子扱い。これがとても美味しくて大好きなのです。ジャリジャリしたレモン味のグラサージュが存分に食べられるインディビジュアルサイズ。普通に3スライス分くらいのボリュームあれど、難なくペロっと食べてしまえるところが恐ろしい。レモンの酸味がキュっとして、ケイク生地はキメ細やかで、コンフィのアクセントが時々あって、一見派手さは無いけど一度食べたら何度もリピートしてしまう魅力あるお菓子です。タルトはグリオットにピスタチオ入りのダマンドなんだけど、グリオットもドライのとコンポートのとが使ってあって、違う食感が楽しい。 

グランヴァニーユ はい全部茶色いー。コーヒー、チョコ、プラリネ、と3種類の味のを選んだけど、どれもお気に入り。中からトロっと柔らかいソースが出てきたり、それぞれ全部一工夫あるのです。美味しいなぁ。2009年2月にオープンされて直後に訪れたのだけど、以来ずっとお世話になっております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA