ロンドンで行きたかったお店でランチとケーキ。

 雨の中、車を出してもらって向かったのはリッチモンドにある「ピーターシャムナーサリー」。色々なところでそのステキーな雰囲気を見ていて、どうしても行ってみたかったのです。平日で天気も凄く悪いのに駐車場はいっぱいで、その人気が伺えます。
 中は高級なレストラン(ミシュランで星も取ったことある)と気軽なセルフのカフェとがあります。私たちはセルフのカフェの方へ。植物園の温室の中にある感じの雰囲気は独特で、他に無い感じです。連れて行って頂いて、この行きづらい立地、一人だったら辿り着くのに凄い時間かかったと思います。ホント、現地の方にお世話になる有り難みをひしひしと感じました(これまでがこれまでだけに)。

 天気が良いともっとステキなんだろなぁ。アウトドア用の椅子なので、座り心地はそんなによく無いのだけど、併設されたガーデニング用品店で見た同じような椅子はとんでもない高価な値段でビックリ。チャリティショップで千円くらいで売ってそうなのに、と思ってしまう違いの分からない女です。

 食事系はサラダがメインで5種類くらいありました。どれも野菜がたっぷりで、ほとんど肉魚系のメニューは無いです。あってもサラダの中にチキンが入ってる、くらいの感じ。

 ケーキはオーソドックスなイギリスのケーキと、ちょっとアレンジな感じと。グルテンフリーのケーキも2種類ほど。私が行った日はスコーンやマフィン、トレイベイクはなくて、全部丸いケーキだった。焼きっぱなしの素朴なケーキだけど、ずらっと並ぶと何とも美味しそうなんだよなぁ。

 私はコジェット(ズッキーニ)のキッシュ、mihoさんは本日のスープとパン。キッシュは温めが電子レンジなので、生地がしなるから、と温めずにサーブしてもらったけど、焼かれて間もなかったのか、ほの温かい状態だったので、美味しかった。サラダも美味しかった。他のサラダもたくさんの種類の野菜を使っていて、美味しそうだった。

 食後のデザートはコーヒー&ウォルナッツケーキとダージリン。ポットで茶葉で入れてくれる紅茶だけど、びっくりするくらい薄かった(笑)。ケーキはキメが粗めのスポンジでイギリスらしい感じ。このパサっとしてるのはケーキそのものの持ち味なのか、カバーやラップをせずに長時間置いてるからか、分からないところ(笑)。

mihoさんのアップルケーキ、半分くらい私が頂きました(笑)。シナモンがきいてて美味しかったです。が、ホントにこういう雑誌やネットで絶賛されるようなお店でも、この適当なケーキの切り方。で、ケーキは基本横倒しなので、写真を撮るときに立てて、撮るという。

 レストランと物販のお店の方へ移動して、物色。お皿などのキッチン用品も置いてあり、どれも素敵です。が、お値段が全然素敵じゃないので(笑)、こういうところに平日来てランチやお茶が出来る人がターゲットなのよねぇと。リッチモンドは割と高級住宅街ですのでね。

 ガーデニング用品が本当にたくさんあるので、好きな人にはたまらないでしょう。

 ここはまた是非、来てみたいです。出来ればお天気の良い日に(笑)。2日間、mihoさんには本当にお世話になり、ご家族にもよくして頂き、感謝感謝です。次回は京都でお会い出来ると思うので、楽しみです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA