キャロットケーキと紅茶とバノフィーパイ。

 6月16日(日)のイベントカフェは特別に開店時間を10時とさせて頂きます。混雑緩和の為、少し時間を早めて開店いたします。どうぞ宜しくお願い致します。
 ロンドンではキャロットケーキを結構食べました。色々と食べて思ったのはSUGAR TOOTHのキャロットケーキもいいね、と分かった事。こういう感じもあるんだー、とかウチの方が美味しいな、とか色々と感じられて楽しかったです。今度のイベントカフェでもキャロットケーキは勿論、お出ししますよー。ウェブショップで毎回完売していた、なかなかの人気商品です。森のいちにちで販売した事はあるけど、カフェのイートインで出すのは初めてです。
 写真のはGail’sというロンドン市内に何店舗かあるカフェのもの。大きく四角くつくってあって、オーダーすると一人分にカットしてくれます。そのままホールで買ってく人も居ましたよ。クリームチーズフロスティングが凄く滑らかで、レアチーズケーキのようだった。ジャリっとしたフロスティングが多い中、新鮮です。生地のスパイスは控えめで食べやすい。こちらはホテルから近かったので、何度か帰りに寄って色々と購入してはホテルで食べてました。テイクアウトの箱もちゃんとしてるし、店員さんも皆さん凄く良い感じの対応ばかりで、何度も寄りたくなるお店でした。他に行きたいカフェも色々とあったのだけど、体調不良でなかなか遠出したりできず、その辺は残念だったけど、まぁ無理せず出来る範囲で楽しんで、という感じでした。

 紅茶はホテルの近くのスーパーで買ったトワイニングのエブリディ。日本で売ってなくて、かつガブガブ飲んでも大丈夫なクセの無い美味しい紅茶、という事で教えてもらったのです。どこのスーパーにもこのエブリディは並んでたので、きっと支持を受けてるんですね。そして、美味しかった。ホントに毎日ガブガブ飲んでて、Kちゃんと二人で6日間で40個のティーバッグを消費してしまっておりました。こちらをカフェでお出ししようと思っています。
メルローズのレストランで食べたバノフィーパイは、ちょっと小洒落過ぎてて、普通のバノフィーパイが食べたかった私、美味しいよ、と聞いていたカフェのは買いに行けず、Waitroseというちょっと高級スーパーで購入。バノフィーパイは、土台に砕いたクッキー(もしくはタルト生地)、トフィー、バナナ、生クリームという構成で、18年前の留学時に出会ってすぐに夢中になったお菓子です。
 パッケージはこんな感じ。中は食べかけですけど(笑)。

 これ、凄く美味しかった!食べ始めて「Kちゃん、これ美味しいから一緒に食べよう!」とベッドのKちゃんを呼んでしまったほど、美味しかった。満足ー。という事でバノフィーパイもイベントカフェで作りますよー。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. あれれ?
    キャロットケーキ、こないだの年末にカフェでいただきましたよー
    おいしかったです^^

    またたべたいな

  2. Aさん、ご指摘ありがとうございます。そうですね、朝ごはんカフェでお出ししました。今回は大きく焼いて、クリームチーズフロスティングをサンドしたものをカットするので、また違った食感だと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA