‘鑑賞’ タグのついている投稿

久々に映画館へ。

2019 年 6 月 11 日 火曜日 21:05


 the smiths結成までのモリッシーの物語「ENGLAND IS MINE」。鬱々と、普通になれない事に自分も周りも行き詰って、自分は特別な何かなのかも、とうっすらと信じながらも何もせず、人のやる事に文句ばかりつけてる臆病な青年の物語。ドラマチックな事はほとんど起こらず、ただウジウジとしているのを見守る状態が続くのだけど、まぁモリッシー(the smiths)好きか、主役のジャック・ロウデン好きか、みたいな人しか見に来ないだろうから、問題無いか。モリッシーの公認は得られず、監督は過去のインタビューとスミスの歌詞から物語を作っていったみたいだけど、ファンは非公認であっても見たいわな。モリッシーとジョニー・マーがはじめて会ったのはパティ・スミスのライブだったのかーっとか、あの歌詞ってこの人の事歌ってたんだな、とか、そういうファンだから嬉しいみたいなエピソード追うだけでも楽しいし、何よりジャック・ロウデンが可愛いので、それだけで目福。歌声もモリッシーに凄い寄せてきてて、ビックリ。ジョニーがモリッシーの家のドアを叩くシーン、2人ともめちゃくちゃ可愛くて最高。

 たぶん、この映画の企画を聞いたのはカフェをオープンしてすぐぐらいだったと思うのだけど、映画が出来上がって日本で公開されるまで2年もかかってるので、半ば映画館で見れる事を諦めていたのでした。んなもんだから、日本で公開されるとなれば、初週に見に行くのが礼儀というものでしょう。平日でも割りと人が入ってたので、ちょっと安心。アンオフィシャルというか、まだ生きてる人の物語なのに本人の了承を得ずに映画化しちゃってるのも、何ともまぁアレなんだけど、何度も手紙出してもダメも良いも返事がなかったというのは、まぁ勝手にやれば、知らんけど、って感じだったのかな。すっごい良い気分転換になったので、近いうちにまた映画館には行きたいところ。

京都グラフィー。

2019 年 4 月 30 日 火曜日 18:02

京都グラフィー 花粉が少なくなって、随分と楽な一日。晴れた日にマスク無しで出かけられる日が待ち遠しいー。
 ここ数年、毎年開催されている写真イベントの京都グラフィーだけど、なかなかチャンスが無くて初めて色々と見て回りました。火曜水曜が閉館の場所も結構あったので、全部は回れないな、とパスポートは買わずに、気軽にちょこちょこと。無料で見れるところもあるので、初めてちゃんと回ったのは去年からだけど、その前から見ておけば良かったなぁと。気軽に楽しめて、しかも街中に点在しているので、便利。
 京都新聞社の地下の展示は、どちらかと言うと写真は脇役な感じなんだけど、そのロケーションの面白さを優先してあって、無料でいいのー?という。京都に住んでいても、なかなかこういう機会でも無いと入らない場所も多いので、楽しめました。

京都グラフィー 照明の色が変わると印象も全く変わって、普通の照明になると、あれ、これは展示物ではなく、元々あったものなのか、みたいなところも面白い。

京都グラフィー すぐ近くの薫習館での展示は、ついでに見たお香の展示が面白くて(無料)、京都グラフィーのおかげて、良い体験が出来ました。あと2つくらい回ったのだけど、あんまり写真を撮る気力が無かった。

以下は去年の展示で今年のものではありません。感想を下書きのまま放置していたので、記録用に。
(さらに…)

久々にアメリカのバラエティ番組を。

2018 年 12 月 12 日 水曜日 18:05


 私は以前、ファンクラブに入ってたほど、明和電機が好きなんですが、ツイッターを追っていて、アメリカのテレビ番組のジミー・ファロンのtonight showに出るというので大喜び。私、このジミー・ファロンも凄い好きなんです。いつも、めっちゃ楽しそうで。 これは世界のロボットを集めたコーナーなんだけど、2:30くらいから土佐社長とトマタンが登場。
 トマタンは当時、カゴメの依頼でマラソン中にトマトを食べるっていうので、実際カゴメの広報さんだったかが、このトマタン担いでマラソン走られてたのでした。腰にぶら下げていたオタマトーンとのデュエットもしてて、その動画も楽しそうだった。ジミー・ファロンもそのナンセンスさを面白がってくれてて、見てて嬉しくなってしまう。


以前、紹介したジェームス・コーデンも音楽大好き、楽しい!というリアクションがいいなーっと思ってたのだけど、ジミー・ファロンも同じ。特に、このオモチャの楽器で演奏するの、大好き。これはメタリカが出演した時のなんだけど、超ベテランメタルバンドの人達が、めっちゃ楽しそうに脱力の音で演奏して歌ってるの、最高じゃないですか。アデルとかエド・シーランとかの売れっ子も出てるけど、私、メタリカの回が一番好き。ジミー・ファロン、いつもちゃんと練習してて凄い。

最後は、モノマネコーナー。これはアリアナ・グランデがゲストの回だけど、ルーレットでモノマネを決めるもので「ブリトニースピアーズでメリーさんの羊」とか、まぁアリアナは元々モノマネのレパートリーからやってるんだろうけど、ジミー・ファロンは毎回違う相手に何パターンもやってるんだから、器用だなぁ。しかも、いつも結構似てるから、凄い。久々にyoutubeでアメリカのバラエティ番組を見て、楽しんだのでした。