‘鑑賞’ タグのついている投稿

京都グラフィー。

2019 年 4 月 30 日 火曜日 18:02

京都グラフィー 花粉が少なくなって、随分と楽な一日。晴れた日にマスク無しで出かけられる日が待ち遠しいー。
 ここ数年、毎年開催されている写真イベントの京都グラフィーだけど、なかなかチャンスが無くて初めて色々と見て回りました。火曜水曜が閉館の場所も結構あったので、全部は回れないな、とパスポートは買わずに、気軽にちょこちょこと。無料で見れるところもあるので、初めてちゃんと回ったのは去年からだけど、その前から見ておけば良かったなぁと。気軽に楽しめて、しかも街中に点在しているので、便利。
 京都新聞社の地下の展示は、どちらかと言うと写真は脇役な感じなんだけど、そのロケーションの面白さを優先してあって、無料でいいのー?という。京都に住んでいても、なかなかこういう機会でも無いと入らない場所も多いので、楽しめました。

京都グラフィー 照明の色が変わると印象も全く変わって、普通の照明になると、あれ、これは展示物ではなく、元々あったものなのか、みたいなところも面白い。

京都グラフィー すぐ近くの薫習館での展示は、ついでに見たお香の展示が面白くて(無料)、京都グラフィーのおかげて、良い体験が出来ました。あと2つくらい回ったのだけど、あんまり写真を撮る気力が無かった。

以下は去年の展示で今年のものではありません。感想を下書きのまま放置していたので、記録用に。
(さらに…)

久々にアメリカのバラエティ番組を。

2018 年 12 月 12 日 水曜日 18:05


 私は以前、ファンクラブに入ってたほど、明和電機が好きなんですが、ツイッターを追っていて、アメリカのテレビ番組のジミー・ファロンのtonight showに出るというので大喜び。私、このジミー・ファロンも凄い好きなんです。いつも、めっちゃ楽しそうで。 これは世界のロボットを集めたコーナーなんだけど、2:30くらいから土佐社長とトマタンが登場。
 トマタンは当時、カゴメの依頼でマラソン中にトマトを食べるっていうので、実際カゴメの広報さんだったかが、このトマタン担いでマラソン走られてたのでした。腰にぶら下げていたオタマトーンとのデュエットもしてて、その動画も楽しそうだった。ジミー・ファロンもそのナンセンスさを面白がってくれてて、見てて嬉しくなってしまう。


以前、紹介したジェームス・コーデンも音楽大好き、楽しい!というリアクションがいいなーっと思ってたのだけど、ジミー・ファロンも同じ。特に、このオモチャの楽器で演奏するの、大好き。これはメタリカが出演した時のなんだけど、超ベテランメタルバンドの人達が、めっちゃ楽しそうに脱力の音で演奏して歌ってるの、最高じゃないですか。アデルとかエド・シーランとかの売れっ子も出てるけど、私、メタリカの回が一番好き。ジミー・ファロン、いつもちゃんと練習してて凄い。

最後は、モノマネコーナー。これはアリアナ・グランデがゲストの回だけど、ルーレットでモノマネを決めるもので「ブリトニースピアーズでメリーさんの羊」とか、まぁアリアナは元々モノマネのレパートリーからやってるんだろうけど、ジミー・ファロンは毎回違う相手に何パターンもやってるんだから、器用だなぁ。しかも、いつも結構似てるから、凄い。久々にyoutubeでアメリカのバラエティ番組を見て、楽しんだのでした。

京都駅まで。

2018 年 6 月 26 日 火曜日 23:16

チケット 美術館「えき」ROCK:POWER,SPIRIT&LOVEに。ちょうど奈良良智さんのツイッターでこちらに来られてるのを見て、へぇーーっと思っていたところにタイミング良く、チケットを頂いたのです。

ROCK 入った瞬間、一枚目のレコードがThe Smith!ほとんどがレコードジャケットの展示という感じなのだけど、衣装や機材の展示もありました。懐かしい、と何度思った事か!うんうん、と頷く事も多くて、そうね、レコードジャケットが新しいアートとの出会いだったっていうのは凄く分かるなーと奈良さんのコーナーを見て思ったり、今よりファッションやアートが音楽と密接だった時代を感じたのでした。楽しかった。