ずっと作ってみたかったお菓子。

 25日(水)発送分のスコーンの集計をして、材料の計量の為のレシピ表を当日用に書き出す作業。人気通販のお店だったら何でも無い量なのかもしれないけど、うちは滅多にこんな量作らないので、いつも通りの量を何倍も一気に作るのではなく、何度もいつもの量の生地を作って地道にやる方がいい気がする。いや、一気にやる方が全部の生地が同じ食感になるはずで、と自分の中でいったりきたり。6種類、合計約200個のスコーンを午前中に焼いて冷まして、袋詰めと箱詰めをして、発送するのだ。朝5時起きかなー、ドキドキするなー。
 20年くらい前に買った「グランマのお菓子の引き出し」という本にチェリーのマトファン、というお菓子のレシピが載っていて、毎年、チェリーの季節になると作ってみたいなーっと思っていたのだけど、毎年あぁ、今年も作らなかったなーっとなっていて、今年はお店もゆったりペースだし、チェリーさえあれば材料はある!という日に、思い切ってトライ。この本には、お店で売ってないようなお菓子が色々載っているし、エッセイも面白いし、時々本棚から出してきては、眺めるレシピ本の一つ。

 フライパンの大きさが書いてなかったので、適当なやつで作ったら、ちょっと大きいフライパンだったので、出来上がりが写真よりも薄くなっちゃった。クレープとフランとファーブルトンの兄弟っていう感じかな。生地に砂糖が入らず、上にシナモンシュガーをたっぷりかけて仕上げる。

 かなり写真と仕上がりが違うけど、初めて作るお菓子は基本、レシピに忠実に作るようにしているので、何も省かず、何も足さず作りました。

 4、5人分のレシピのハズだけど、一人で2/3を食べてしまう。チェリーを250gも使う贅沢なレシピで、家庭でしか食べられない類の贅沢感がある。来年もチェリーが自分用に250g準備出来るといいんだけど、いつもお店のお菓子用で使いつくしてしまうんだよなー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA