ロンドンのカフェでケーキを焼く、その1。

 Brocaというカフェはover groundのBrockeryの駅前にあり、Aちゃんとはカフェで待ち合わせしたのだけど、遅れてしまう私。駅のホントに真ん前なのに、グルグルと周辺を徘徊してしまい「駅まで戻ってきてー!」と電話で呼び戻される。呆気無いほど目の前で、拍子抜け。朝のカフェは大賑わいで、コーヒーを買って駅に向かう人、駅を降りて仕事前にパンやコーヒーを買っていく人、色々です。
 美味しそうなクロワッサンやパンショコラです。ここで一息入れてキッチンへ向かう予定が、私の遅刻でテイクアウトでコーヒーを買って、とりあえずキッチンへ向かう事にしました。

 駅前のカフェから歩いて1分もかからない所にBroca Food Marketがあります。野菜や果物、パンやその他、良質の卵や粉類など地元の方に愛されてる素敵なお店です。で、その奥にキッチンがあるのです。
 私のテイクアウトのコーヒーが写ってますが、3人で働いても広々で、羨ましいキッチン。ここで一人でケーキ焼くなんて贅沢だわーっと思ってしまう。うちの工房は超狭いからなー。

 Brocaのカフェの壁も自分で塗りましたーって感じの手作り感満載の内装だったけど、キッチンの壁も賑やか。この白いやつからは引っ張るとキッチンペーパーがシュルシュルーっと出てきます。

 キッチンに置いてあった袋にクロワッサンと、パンショコラがたっぷり入ってて、聞くと「カフェで昨日売れ残ったもの」だそうで、オーブンで温めて朝ごはんに食べていいよーっと事だったので、大喜びで頂きます。お皿が二枚重ねなのは、ローラとAちゃんがそれぞれお皿を出してくれたから(笑)。

 焼き戻したパンショコラは、売れ残りというには勿体無すぎる美味しさでした。このステキな2枚のお皿が出てきた食器棚が、超素敵だったのです。いいなー、このお皿の縦収納。左側はマグやボウル類が入ってて、うちにもこういう食器棚が欲しい。お皿の重ね置きって、したの方にあるやつホントに使いにくいもんー。

 さぁ、遅れてきた上に朝ごはんまで食べさせて貰って遊ぶ訳にはいきません。可愛いギンガムチェックのエプロンを借りて、作業に入ります。私はブレッドプディング作りを仰せつかりました。まずは溶かしバターを準備。横のお鍋にはチョコレート。湯煎とかはしません、直火です。

 なんと!私が食べたパンショコラを刻んでブレッドプディングにしちゃいます。普通は食パンかバゲットですから、贅沢です。牛乳を含ませたパンショコラとプディング生地を合わせて、ミキサーにかけたオレンジとチョコチップを加えて焼きます。

 焼き上がり!あとは冷ましてカットして、粉糖を振って出来上がりです。

 2種類目のブレッドプディングは、クロワッサンを使います。もう、一人で出来ちゃうもーん、というシンプルなお菓子です。クロワッサンの方にはブランデーに浸したプルーンを合わせます。プディング生地の砂糖はパンショコラの方よりちょっと多めに。

 はー、贅沢ー!と言いながらクロワッサンをカットしていきます。お店的には余った食材を利用している訳だけど、お客さんにとっては凄く良い商品ですよね。クロワッサンのブレッドプディング、私も帰ったら作ってみるぞー(凄い原価になりそうだけど)。

 ブランデーに浸したプルーンを加えてオーブンへ。Aちゃんに聞くと、あんまり凝った材料や斬新な組み合わせは売れ残ってしまうとの事。定番でシンプルなものが人気なので、あんまり冒険はしない方がいいのだそう。

 焼き上がりをカット。ホントにイギリスの人はケーキは保守なものが好きで、何でこの中からコレ選ぶのー?っていうくらい一番地味なのを選ぶ人が多いのです。この機会に、ロンドンでのお菓子事情を根掘り葉掘り。イギリス菓子の疑問もローラやAちゃんに聞きまくります。

 粉糖パラリで出来上がり!イギリスではこういう四角く焼いてカットしたトレイベイク、と呼ばれるお菓子が凄く多いのだけど、brocaでもたくさんありました。

 特別に試食です。ブレッドプディング特有のプニっとした部分とクロワッサン生地のクリスピーな部分があって、凄く美味しい。焼きたて最高!
 こちらのブレッドプディングは、同じレシピで今度のカフェでお出ししますよー。多分、中の具は変えると思いますが、素朴なロンドンのカフェのケーキです。

 合間にbroca food marketの中を散策。キッチンの中で卵や牛乳が足りないと、お店の中をガサゴソして持ってきます。卵もフリーレンジのもので、野菜や果物もとっても良質のもので、こういう材料を心置きなく使えるのは幸せだなーっと。

 入口付近にはパンが。カフェの方はヴェノワズリー系が多いけど、こちらは食事パンメイン。どれも美味しそう。

 ちょっとしたカウンターもある。お店の内装は、ホントに個性的で楽しい。

 Aちゃんとローラお勧めのグルテンフリーの粉があって、お土産にグラノーラと共に買ったのだけど、帰りにAちゃん家に忘れてくるという。まぁ迷惑掛けっぱなしな私。
キッチンでは基本的に洗い物を率先的にやって、あとは簡単な型の下準備(バター塗ったり紙敷いたり)などをやって、という感じで、そんなに大した事はしてません。ただ、お菓子作りが好きな人と一緒にお菓子を作れる事が楽しくてしょうがなかったです。いつもは一人でやってるからなー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA