東京で遊ぶ!その1。

 朝から晩までみっちり予定を詰め込んだ東京滞在。物凄く盛りだくさん過ぎて、ブログにアップしきれるか不安(笑)。多分、来週いっぱいかかるかと。日程順ではなかったりするけど、とりあえずまとめやすいところから、ちょこちょこアップしていきまっす。
 札幌在住Kちゃんとの待ち合わせは、朝8時半に表参道の「パンとエスプレッソと」。表参道の駅を降りたら豪雨でした(哀)。12月中旬並みの寒さという、雨の上に寒さまでもが降りかかっちゃって、外歩きのモチベーションは一気に崩れたのでした。

 Kちゃんから遅れますメールが来たので、先に食べておく事にする。トーストセット450円+ドリンク変更200円にした。
 サラダと厚切りトースト到着。添えられていたバターは中沢乳業のホイップバター。たっぷり塗って頂きます。

 モチモチで美味しいーっと裏を見ると端っこ。イエス!素晴らしい。30分遅刻にて到着して、同じのを頼んだKちゃんのも端っこだったので、正方形に焼いてるのかなぁ。Kちゃん、ココ来る前に明治神宮に行ってたらしく、そして途中で豪雨になりびしょ濡れ。相変わらず面白い。

 飲み物はカプチーノに。雨にさらされて寒かったので。店名でもあるエスプレッソが美味しいのだろうから、本当はエスプレッソにすべきなんだろうけど。ちなみにKちゃん、アイスコーヒー(笑)。明治神宮近辺を1時間歩いてきたので、暑かったらしい。

 土砂降りの為、本日の予定をすっかり変更するワタシ達。神楽坂散策は、すっぱり諦めました。事前にメールで誘った時、全然興味無いと断られた岡本太郎記念館に行く事に。移動距離はなるたけ短く、出来れば屋内散策で、が合言葉の一日となる。
 到着した途端、Kちゃん「なかなか楽しいねぇ」と上機嫌に。入り口のドアノブからも岡本太郎さんのユーモアが溢れてる。こちらの建物は岡本太郎さんの生前に住居兼アトリエだった場所なので、そこかしこに息吹があるのです。
 決してたくさんの作品がある訳ではないし、興味が無い人が来たら一瞬で観終わってしまう場所だと思うけど、ワタシはすっごく楽しかった。写真撮影もどうぞどうぞーっという感じなので、Kちゃんとキャッキャ言いながら撮り合う。豪雨の為がお客さんもワタシ達だけだったし、Kちゃんも「「いいねーいいねー」と楽しんでくれたし、ワタシ大満足。

 掌の椅子には太郎さんと敏子さんの写真が飾られています。

 テーブルセットに目を奪われる。手作りのタイル張りのテーブルにティーポット、水差し、ミルクピッチャー、カップ、全部可愛過ぎて、生活用品とアートの境界線がなくって素敵だなぁ。

 アトリエにはさっきまで太郎さんはここに居たんじゃないか、という雰囲気さえあります。物凄い量の筆、絵具が引き出しから見えて、奥にはズラリと絵が片づけられ、天井を見上げると2階部分には書斎。本棚にはびっしりと蔵書が。雨降る中、お庭にも出てキャッキャ言う。

 そして、お庭の前にあるア・ピース・オブ・ケークへ。さっき朝ご飯食べたばっかなので、テイクアウトでケーキだけ購入。大川雅子さんに接客して頂き、温かい雰囲気にホンワカしながら店を出る。

 その日の夜、ホテルで食べたケーキ達。ガトーショコラとジンジャーチョコレートケーキ。クリームとドライフルーツのコンポートが付く。レンジでチンして食べるとチョコがトロっとして美味しいらしい。

 ガトーショコラはみっちりみっちり。口の中でチョコがねっとり絡まるからまるーー。オイシイです。ジンジャーの方は、クッキーのジンジャーマンみたいな味で、スパイス感が強くてちょっと予想してたのと違った。そっかー、アメリカンな感じだからこうなるのか。
 大川雅子さんは凄く昔から好きだったので、ア・ピースオブケークはいつも前を通ってはケーキをチラ見していたのです。黄金配合のパンケーキというのがその昔(7.8年前かな)、雑誌のDELICIOUSに掲載されて、当時せっせと作ったものです。パンケーキは一時、物凄い凝ってありとあらゆるレシピを試したのだけど、その中でも良く作った配合だったなぁ。焼菓子のレシピ本もいくつか持っていて、ロンドン留学の際に一冊持っていったくらい、作り易く、当時のお菓子のレシピ本の中ではお洒落感があって、眺めているだけでも楽しかった。
 Kちゃんとの昔話とあいまって、若かりし頃の色んな事を思い出しつつ、雨の表参道を後にしたのでした。続きはまた明日。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA