イギリスのレシピ本からレモンバターケーキ。

 このところ毎週イギリスのレシピ本からお菓子を焼いてる。日々のおやつに事欠かなくて、夏場なのに全然痩せません。今日焼いたのは「レモンバターケーキ」。イギリスのレシピにしては珍しく、卵が別立て。メレンゲを後から加えるタイプで、バターも溶かしバター。あと、珍しいのはコンデンスミルクがたっぷり入る。レモン果汁もかなりたっぷり入るので、焼いてるうちに下の方がういろう状になったりしないのかなぁ、とちょっと心配に。レシピに出来上がりの写真が無いのだけど、まぁいい感じじゃない?という感じ。

 レシピの半量の小さめパウンド型で。イギリスで買ってきた粉が余ってるので、それを使用して。

 ケーキが冷めたらレモン果汁入りの酸っぱいアイシングをかけるのだけど、工房暑すぎて流れまくり。途中、冷蔵庫に入れつつ再度アイシング。ケーキ生地の方にもたっぷりレモン果汁入ってるけど、そちらの酸味はほんのりでアイシングの酸味が強くてインパクトある。コンデンスミルクの味はほとんどしなくて、ケーキ生地をしっとりさせる効果があるみたい(レシピに書いてあるっぽい)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA