‘栗’ タグのついている投稿

栗仕事に明け暮れる

2012 年 9 月 22 日 土曜日 18:26

 今週はひたすらに栗仕事でした。焼き菓子発送が始まる前に出来てほっ。今年は渋皮煮も作りましたよ。マロンペースト、甘露煮、渋皮煮。渋皮煮と言いつつ、かなりマロングラッセに近い作り方で、ちょっと甘めの仕上がりになる予定。
 まずはマロンペースト作り。茹でた栗の中身を水と砂糖で煮てムーランで濾す。この濾す作業が一番しんどい。二番目にしんどいのは中身をスプーンで出す作業。終わりがなかなか近づかない。黙々と何時間もひたすら中身をスプーンでかきだすのですよ。写真のボウルに入ってるのが出来上がったマロンペースト。上の栗はこれから渋皮煮になる予定の栗。

 栗は5kg分。愛媛県産です。大きいでしょー。ざっくり手を切る事も多い栗作業なので、焦らずゆっくり進めます。あっという間に日が暮れて、首も肩もコリコリ。

 半分の量を茹で栗にして中身を出してマロンペーストに。半分にカットしてスプーンでかきだしていきます。渋皮が中を突っ切ってるのもあって、結構手こずる。

 あと3分の1だぞー!という状態。同じ作業ばかりすると手がつるので、途中で鬼皮剥きをしたり、洗い物をしたり。

 渋皮煮用の栗も控えております。次のカフェではトライフルに栗を使う予定だけど、フルーツのコンポートと違って栗のクリームや甘露煮は甘いから大丈夫かなー。カスタードを砂糖控えめにして試してみよう。

お菓子もすっかり秋模様。

2010 年 9 月 25 日 土曜日 20:41

 今週は特注のお菓子がちょこちょこ入って、ジャム作りは無かったといえど、割とバタバタ。ぶどうのタルトは身内からの注文。巨峰を皮を剥いて丸ごとたっぷり使う。種無しと言えど、時々種が入ってるので、一応全て切れ目を入れて確認していく。1台で1パック半の巨峰が入ってる。かなり豪華。

 焼き上がり!うーん、美味しそう!箱に入れてお渡し。カフェでもぶどうのタルト、出そうかなぁ。

 フルーツケーキも久々に。久々に焼いたら、やっぱり美味しかった。次週のカフェでも販売する事にしよう!色んなお店で食べたけど、ワタシは自分で焼くフルーツケーキが一番好きなのです。

 栗が到着!去年はカフェで1度だけ和栗を使ったお菓子(チーズケーキ)が登場。凄くお褒め頂いたのだけど、栗の入手が困難で再登場は叶わず。今年はもうちょっと出したいなーと4キロ購入。加工して、冷凍したり瓶詰めしたりして、保存して使うつもり。

 3Lサイズという一番大きなのを購入。小さいのは安いけど、下処理が大変だしね。Sugar Toothでは、出来るだけ生の素材を工房で加工したいと思っている。栗も自分でペーストにしたものの方が、添加物も入って無いし、その時でしか出会えない味になるんじゃないかなーと。

 一番大きな鍋のは茹で栗にしてマロンペーストにする用、左上のは甘露煮用、右上のは渋皮栗用、と分けて下処理をする。まずは、マロンペースト用に栗をじっくり茹でる。

 ホコホコに茹であがりましたよー。茹であがってからが大変。これをスプーンでほじっていく。2キロ分、頑張りましょう。去年、1キロ分だけで指がつり、次の日は筋肉痛だったのに大丈夫だろうか。

どーん!
エッヘン(笑)。
既に手首の筋が変ですけどね、明らかに。
ここに、水と砂糖を加えて少し煮て、裏ごし。
今回の裏ごしは、ぶどうジャムで出番が無かったムーランが大活躍。

 裏ごししたら、更に砂糖を加え火を入れる。マロンペーストの出来あがり!
 さぁ、渋皮煮と甘露煮用の栗を剥きましょう、と栗を剥き始めて3個目、ザックリ左手の親指を包丁が襲う。とりあえず絆創膏を貼って、手袋をして作業を続けるも、痛くて左手をかばってしまい、今度は右手の親指をザックリ。ひぃーー、さっきの絆創膏、最後の一枚だったのにーー。

 流血中の親指にティッシュを巻いて、自転車で30秒の薬局へ。最近の絆創膏は高いけど、素晴らしい性能ですねぇ。財布からお金を出す姿を見て、薬局のおばさんが「あらまぁ」と、半笑い。左手もなんですよー、と言うと本笑い。笑ったついでに店先で貼って頂きました。栗作業は、続ける気力が無くなったので、明日また頑張りマス。

 ほっと一息オヤツはフルーツケーキの端っこ。豪華に生クリームを添えて。
 月曜のケーキは栗を使ったお菓子になります。現在、タルトを試作中で、上手くいけばタルトになります。栗のチーズケーキは来月の連休営業に登場させたいなーっと。今日は、ゆっくり傷を労わる事にします。