‘お土産’ タグのついている投稿

イギリスで買ってきたお菓子の材料。

2013 年 9 月 18 日 水曜日 21:54

 23日(月・祝)のカフェメニュー、果物の到着がギリギリまで分からず、お知らせがまだ出来ません。決まり次第、こちらでお知らせ致します。
 イギリスで買ってきたお菓子の材料。バーズのカスタード、バニラペースト、ドレンチェリー、ゴールデンシロップ。バニラペーストとゴールデンシロップは使ってみたけど、まだバーズのインスタントカスタードとドレンチェリーは使ってない。ドレンチェリーなんて日本でも買えるじゃない、と思われそうだけど、イギリスのは何か違うんですよねぇ。という事で、3種類、違うメーカーのを買ってきたのです。パウンドケーキにこのチェリーだけが入ったチェリーケーキ、っていうのもよくイギリスの地方のティールームで置いてあって、チェリーが水玉模様みたいで凄く可愛かったんだなー。時間が出来た時にチェリーケーキは作ってみたいのだけど、10月に入ってからかなー。

ロンドンで買ってきたチョコレート。

2013 年 8 月 31 日 土曜日 15:46

 ちょっと涼しくなってきたと思ったら、また蒸し暑いですねぇ。月曜の天気は怪しいなー。雨かどうか、迷いながらの仕込みです。今日はコーヒー&ウォルナッツクッキーとグラノーラとチョコレートグラノーラ仕込みました。
 最近はちょっと涼しかったので、ロンドンのスーパーで買ってきた板チョコを開けちゃう。左のオレンジのがバタースコッチ、右のがクリスピー。どっちもミルクチョコ。オーガニックチョコの板チョコでスーパーの中ではちょっと高級な感じで、このシリーズで10種類以上あって、どれにしようかなーっと選んできたのです。ダークもホワイトもありましたよ。アーモンドとかナッツ系も多かったし、どれも美味しそうだった。
 最近はイギリスでもチョコレート専門店が増えて、お洒落なパッケージの板チョコや、冷蔵ケースに入った美しいボンボンショコラを置いているお店も増えた。私が住んでた頃は(1994年~1997年)、そういうお店は少なくて、Thorntons(ソーントンズ)っていうちょっとカジュアルなチョコレートとファッジのチェーン店くらいで、あとは中心地に皇室御用達、みたいなお店があるくらいだったような。Thorntonsは学校のあったPutneyにもあったので、夏はアイスクリームを買ったり、冬は量り売りのボンボンショコラをたまの贅沢で買ったりしていたけど、今回ロンドンに行ったら、ほんっとにチョコレート専門店が増えてた。スコットランドやその他の地域でも結構見かけたので、随分と根付いてるのだなーと。
 イギリス人もチョコレートは大好きな人が多いので、スーパーのチョコ売り場も日本とは比べ物にならないくらいのバリエーション。キャドベリーのがやっぱり多かったけど、ちょっと高級なシリーズも多かった。学生の頃はキャドベリーのナッツとレーズンの入った板チョコが大好きで、日本の板チョコの3倍くらいの重さの1枚を平気で一気に食べてたなー。あとホワイトチョコが凄く美味しくて、日本では食べないホワイトチョコをよく食べてた。
 猛暑の中、チョコレートを食べる気持ちにならなかったけど、美味しいなぁと食べれたので、そろそろ秋の味覚に向いてきてるのかなーっと。工房は暑いけど、家の室内は外より気温が低い我が家なので(おかげで冬は大変だけど)、そろそろタオルケットから薄手の布団に変えようかなーっという感じになってきた。ここ2日くらいは雨みたいなので、また雨が終わると秋の気配が強まるんだろうな。嬉しいなー。

旅行で買ったもの(ジャムとシロップたち)。

2011 年 10 月 14 日 金曜日 19:17

 9月の始めに行った2泊3日の旅行からすっかりひと月以上経ってしまいました。このままでは、年内にアップもままならないので、ざっくりと食べたものと買ったものだけでも記録に残しておこうと思います。
 旅は京都駅からバスで出雲、出雲大社へお参りに行って、倉敷まで行って一泊、次の日は朝から移動して広島まで行って、お好み焼き食べて、そこから小倉まで行って、更に由布院まで行って一泊、次の日京都まで。という、何だか陸地に居る時間が少ない移動が多かった旅。宿も工程もまかせっきりだったので、一緒に行ったまるちゃんには世話になりました。木曜日に出発して土曜の夕方に帰宅、そこから買出しして仕込み、日曜も仕込み、月曜カフェ、だったので、体力が回復するまでにかなり時間かかちゃって、腰痛もぶりかえしちゃったし、若い人と旅しちゃいかんな、と思いました(笑)。
 由布院で一番行きたかったのはコトコトヤさん。ジャムのお店で、その昔「雑貨とおやつ」というブログで(今はブログ閉められたようです)、紹介されていて、思い募らせていたのです。そこで購入した「林檎の葡萄酒煮」。ヨーグルトに添えて頂きました。大ぶりのシャリシャリの林檎、ワインの香りがプワーンとして大人な味。

 買ったのは林檎の葡萄酒煮、夏みかんのマーマレード、干しすももの蜜煮。プルーンやアンズはあるけど、干しスモモって珍しくないですか?夏みかんのマーマレード、エグミが全く無くって美味しい!たっぷりヨーグルトに入れたり、クリームチーズを塗ったパンに合わせたり、消費が早い!

 ジャムのお店とは別にカフェもあって、そちらで朝ご飯の後、お茶をする事に。薪ストーブがあって、高そうなスピーカーから音楽が流れてて、何だか優雅な感じです。工房が併設されてて、ジャムの製造がされてました。結構な人数で作られてたので、凄いなー、商売になってるなーと一応同業者としては、羨ましさ半分で見てしまう(笑)。

 紅茶とスコーンを頂きました。ジャムは数種類から選べて、キャンベルにした。スコーンは全粒粉入りで、甘さはほとんど付いてなくって、バター感も少なめ。モソっとボソっとした感じで、ジャムとクリームを付けて食べると良い感じ。

 大分は蜂蜜がよく採れるんだそうで、由布院のお土産屋さんの中で蜂蜜屋さん率の高い事!ホントにたくさんの蜂蜜のお店がありました。B.Bee’sというお店でお土産購入する事に。

 試食がいっぱい!どのお店も試食があったのだけど、こちらのお店、試食用の蜂蜜の入った容器が凄く使いやすそうで、お店の人に聞くと、この容器の問合わせ凄い多いとの事。そして計り売りの蜂蜜をこの容器に入れて販売されてるそう。

 購入したのは蜂蜜しょうがぶどうシロップ、ザクロ果汁入り蜂蜜、蜂蜜バナナブルーベリージャム。生姜シロップは、桃、柚子があったのだけど、桃は添加物的なものが入ってたのと、柚子は想像出来たので、ぶどうをチョイス。でも、あえて生姜シロップにせんでも、という味(笑)。まだまだ暑かった時にソーダ割りにして飲んでました。

 あと、蜂蜜ソフトも歩き食べ。

 行きの出雲までのバスの途中、入ったサービスエリアで買ったゆずシロップ(兵庫県産)。これが美味しかった!キュっと酸味があって、炭酸で割ると最高!これを買ったから、試作でスダチシロップ作ろうと思った訳です。韓国の柚子茶って美味しいけど、マーマレード的なものをお湯で割るから、ちょっとほろ苦い。でもこれは果汁と砂糖だけだから、スッキリした味。色々と瓶ものを買って、帰りのカバンはチョー重かった。また何回かに分けて、買ったものと食べたものくらいはアップ出来ればと思っております。