チェーホフの「かもめ」を観た。

2013 年 10 月 10 日 木曜日 16:45

 今年初めての観劇です(イギリス旅行に向けて節約していた為)。シスカンパニー「かもめ」in シアターBRAVA。ついこの前、藤原竜也君主演でやってたと思うのだけど、チェーホフの「かもめ」は人気の戯曲なのですねぇ。
 ケラリーノ・サンドロビッチ演出のチェーホフ、めちゃめちゃ楽しみでした。ケラリーノの戯曲にはチェーホフへのオマージュがチラホラ見える事があるので、チェーホフへの愛はきっと大きいはず、と思っていて、でも主演が生田斗真君なので、チケット取れるかなーっと思っていたら、何と一番前の席が取れました。ひゃーー毛穴まで見える、唾も飛んでくる、という距離ですよ。客層はやっぱり生田君ファン、という感じの方が半分以上で、キャッキャした女性が(年齢層の幅は広め)多かったです。
 期待を裏切らず、本当に素晴らしかったです。チェーホフの戯曲をストレートに、ホントに何も変えずにきっちりやってるのに、ちゃんとケラリーノらしさも出てて。チェーホフの4大戯曲のうちのあと3つも順にやっていくという事なので、全部見れるといいなー。一番印象に残ったのは大竹しのぶさんと野村萬斎さんの素晴らしさ。この2人のシーンは、ホントに口開けて見ちゃうというか、浮気しそうな男を引き止める女、というシーンの大竹さん、凄かったです。野村萬斎さんの役は、何だか嫌な男ーって感じになるハズなのに、品の良さが全然そう思わせなくて、そりゃ惚れるわな、という感じ。後ろの列の4人組キャッキャ女子達、生田君ファンなのに最終的に「萬斎さんかっこいいー」ってなってましたからねぇ。山崎一さんはケラリーノのお芝居に出てると安心するなぁ。
 ケラリーノらしい笑いも所々に入れて、でもストーリーの邪魔には全然ならない程度で。戯曲の力強さに対抗する感じじゃなくて、乗っかっちゃう感じで。久々の観劇という事もあって、忙しい時期なので、何でこのチケット取っちゃったんだろうって思ってたのに、ホントに良い時間過ごせました。蒼井優ちゃんは細くて顔が小さくて、後ろの列のキャッキャ女子達は「骨から違う」って言い合ってましたが(笑)、ホントに可憐でしたねぇ。声も発声も良いので、舞台向きだなぁと思いました。生田斗真君も一途で繊細な青年にぴったりでした。今月はもう1本あるので楽しみー。
 

タグ:

コメント / トラックバック 2 件

  1. なお より:

    昔、遊眠社とか新感線とかとか、実は芝居大好きだったので、アリンコさんの観劇の感想もいつも楽しく読んでいます。今ではまったく見なくなっているのですが、ケラさんのチェーホフ、見てみたくなりました。戯曲そのままでもケラさんらしさが、っていいですね。テレビで活躍してる役者さんが出ると、舞台ではどうなのかなあといつもちょっぴり思ってしまうのですが、そんな心配もいらなさそうですね。

  2. Sugar Tooth より:

    なおさん、お勤めしてた頃は、全くお芝居を見ない時期もあったのですが(数ヶ月先のチケットを買う事はギャンブルに近かったので)、今は平日のお昼間の公演に行けたりするので、チケットも取りやすく、年に数回ですが、楽しく観劇しています。舞台で活躍している役者さんがテレビに出たりすると、親のような気持ちで見てしまったりします(笑)。