黒ぶどうジャム煮えました。

2013 年 8 月 30 日 金曜日 21:02

 秋田県からやってきた立派な黒ぶどう、キャンベルです。粒が小さくて種が多いので、生食には向きませんが、ギュっと濃い味でジュースやワインにされる品種です。SUGAR TOOTHでは毎年、ジャムにしています。珍しく裏ごし状のジャムなのですが、ギュっと濃縮された味で美味しいのです。何かお菓子に使いたい、と毎年思っていて、今年は何か焼き菓子に使いたいのだけど、どうかなー。

 一粒ずつ房から外してまずは、この状態でグツグツにて、種の周りのペクチンを出して行きます。

 煮ていくと皮がツルっと剥けて果肉も崩れでいきます。それを丁寧に裏ごしして、砂糖とレモン果汁と合わせて煮ていきます。見極めが大事なので、裏ごし以降は気を抜けません。終わったら大抵T-シャツにブドウ色のハネがいっぱいついてます(外に着ていけないTシャツがまた一枚増える)。

 ビン詰めする際はまだサラっとした液状なのだけど、一晩置くとプリっと固まります。今朝の朝ごはんに開けたら、ちょうど良い感じに固まってて一安心。クリームチーズを塗った自作のイングリッシュマフィンの上に黒ぶどうジャム。美味しい朝ごはんでしたが、歯痛の為、食べきるのにいつもの3倍以上の時間がかかるという。

 ここ数日の歯痛で我慢ならず、今日は担当の先生がお休みだったのだけど、担当外の先生でもいいのでー!と無理言って看てもらう。時間が経つごとに痛みが増して、頭痛も併発するし、また扁桃腺に菌が入ったみたいで腫れ出すしで、治療後に薬も出してもらい、今やっと痛みが引いて、今晩は何とかゆっくり寝られそう。

タグ:

コメントは受け付けていません。