イギリスへ行くのだ。

2012 年 1 月 21 日 土曜日 16:05

 来年、2013年の春にイギリスへ行く事を予定している。よっぽどの事が無い限りは行くつもり。Sugar Toothを始めて、アウトプットし続けてきたので、ここらでインプット作業も必要かなーっと。イギリスには1994年9月から1997年2月まで留学していました。場所はロンドンです。20歳~22歳まで、語学学校でもらえる学生ビザ期間めいっぱい居た感じ。暗黒時代から抜け出せた、楽しくて楽しくて、あれがあるから今がある、という時間でした。今でもあまり社交的では無いのだけど、非社交的で団体行動が苦手なくせに、社会適応能力がホントに低かったので、早めに一人でサバイバル能力付けられて良かったな、と思います。
 お菓子好きはずっとでロンドン留学時代も、マフィン焼いたり、誰かの誕生日会やパーティーがあると言えば、ケーキ担当してたのだけど、何せ学生の身の上なので色々食べ歩いたりする事は無かったし、今、お店を始めた自分の目で見たいものっていうがたくさんあって、凄く楽しみ。
 勿論、ジャムやお菓子だけじゃなくって、色々と楽しんでくる予定。スコットランドのエディンバラから電車で南下して最終地をロンドンにするっていう事を考えてます。エディンバラは留学時代に行ったけど、冬だったし温かい時期に行けるのは嬉しい。電車の旅も楽しみ。

 カフェやティールームも巡る予定だけど、パブのご飯も色々食べたい。月に1,2度、日曜にサンデーパブランチを食べに美味しいパブ飯のお店に行くのが楽しみだったんだよなー。あとジャム!コンフィチュールじゃなくって、ジャム!マーマレード!イギリスのマーマレードはチャンクがポイントってグレーテルのかまどで、パディントンベアーの作者の人も言ってたもんね。フランスのマーマレードはピューレになってるものが多くて、ほろ苦さは少ない。美味しいけど、私はイギリスのマーマレード大好きなので、色々試す予定。レモンカードもね。
 その中で気になるのがスーパージャム。私がイギリスに居た頃には無かったメーカー。エプロンやトートバッグも可愛いなー。
 フレイジャー・ドロシーという若い男性が一人で始めたジャム屋さんで、今は主要なほとんどのスーパーで買えるジャムとなったというサクセスストーリーが本にまでなってます。フレイジャー・ドロシーの動画です。音が出ます。14歳でおばあちゃんの秘伝のレシピで作り始めたジャム、学校に行くよりもジャム作りを選んで20歳になる頃にはメジャーなスーパーに置かれるジャムになったという。どんだけ美味しいジャムなんだ、と気になるじゃないですかー。レシピ本も売ってるので、本屋さんでチェックしてこようと。いつも中身を見ずに博打買いのアマゾン・UKショッピングだけど、本屋さんでレシピチェックも色々としてきたいと思います。
 あとロンドンではお芝居も色々見たいなー。映画も見たいし、美術館も。たっぷり充電するつもりなので、それまでは体壊さない程度に頑張りますよー。写真の本は、ロンドンのティールームやカフェが紹介された本。英語の本の方が情報量が多いけど、結構、お店がかぶってる。かぶってるけど、写真の撮り方が違って面白い。日本人とイギリス人では美味しそう感が違うんだな。ここ行くリストがどんどん増えて、2013年にはどうなってる事でしょう(笑)。こちらの2冊も次週より、カフェでご覧いただけます。

タグ: ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. つるこけもも より:

    こんにちは。現在イギリスの大学で英文学を勉強している学生です。日本では関西の大学に通っており、お店の方にも一度行かせてもらいました。高校生のころからこのブログのファンで、初めてリアルのありんこさんを見た時に感動したのを覚えています。(笑)若くて可愛らしい方だったので!

    そしてありんこさんがイギリスに来るときき、今からブログでの報告が楽しみでなりません(笑)まだまだ先ですけれど、ありんこさんにとって実りのある旅になりますよう。体調に気を付けてがんばってくださいね。私は今年の夏に帰国予定なので、その時はまたお店に伺わせてもらいます。

  2. Sugar Tooth より:

    つるこけももさん、イギリスにご在住なんですね!きっと充実した日々をお過ごしと思います。今から情報収集しつつ、旅の予定を立てる事を楽しんでいます。是非またこちらにお帰りの際はお寄り頂ければ嬉しいです。カフェでお会い出来るのを楽しみにしています!