‘旅行’ カテゴリーのアーカイブ

5月末の小旅行(門司港編その1)。

2015 年 6 月 23 日 火曜日 17:00

門司港 小倉から15分くらいで門司港に到着。近いですねー。そして海も近い!私にとって海のある町は非日常です。田舎も無いので、海の近くで海産物を食べる、というのは非常に贅沢かつ、旅に出た甲斐があるというものです。という事で、夜は回転寿司、という事にしました。それまで、街ブラです。色々な施設は5時を回って閉まってるのだけど、Cさんお勧めの地元スーパー、ハローデイに行ったり、洋館を外から見たり、次の日、雨だったので、この日、良い天気で街ブラして良かったです。

SL 九州鉄道記念館はもう閉館していたけど、SLがあったり、運転席だけの色々な電車が展示されているのが、外からでも見えます。

運転席 こちらは運転席だけの電車で、多分、実際に触れるのだと思う。

線路 素朴な町並み。次の日乗る予定の潮風号という観光列車の走る線路。のどかな単線です。私は2006年に門司港には一度来てるのですが、その時にはこういう観光列車は無かったです。

mojiko 突然、MOJIKOというモチーフが現れる。可愛い。記念撮影にいいですね。

夕焼け 夕焼けが綺麗になってきました。次の日が雨というのが昼間は信じられないくらいの夏日だったけど、夕焼けを見ると雲が多いな、と気付きます。

夕焼け 何が釣れるのかな。釣りしてる人はすっごく多かった。金曜の夜だから、仕事終りで来られる人も多かったのかも。

夕焼け 漁船も多くて、いい景色だなー。ホント、この日が雨だったら夕焼けは見れなかったので、天気で良かったな。

夜景 暑い日だったので、夜の散歩も快適ー。ホントはナイトクルーズをする予定だったのだけど、水嵩が高いとかで、この日は運行中止だそうで、残念ー。

夜景 高層マンションの31階にある展望台にも行って、夜景を楽しみました。でもガラス張りだと写真ってうまく撮れないんですよねぇ。海に映える夜景、素敵でしたよ。

白子 開店寿司は門司港でも何軒かあるようだったけど、海人というお店でした。常連さんは紙に書いて板前さんにオーダーを渡していたけど、それ知らない私たち、ビジター感丸出しで大きい声で注文しまくってました(笑)。ふぐの白子。

唐揚げ ふぐのアラの唐揚げ。普通のふぐの唐揚げもあったけど、これ今日のお得メニューみたいのだったのです。

寿司 海老3種とか、青魚3種とか、色々ちょっとずつなお皿もあって、嬉しい。ちょっとシャリも小さめで色々食べたい私たちには、嬉しいボリューム。

ふぐ ふぐ。こちらはポン酢で、と言われたので、ポン酢で。他にも色々食べたけど(クエとかも)、どれも美味しかったです。

荒炊き 最後に食べたアラ炊きがまた美味しくて。白ご飯でかきこみたい味でした。ふー。

ホテル 宿泊は門司港ホテル。新幹線とセットで安くなってたのだけど、とても良いホテルでした。ちゃんと海峡側、と指定したので、景色も良かったです。窓枠のブルーが良い感じ。これだけスマホで撮ったので、横長写真です。

5月末の小旅行(小倉編)。

2015 年 6 月 23 日 火曜日 16:23

小倉城 5月末にトモコさんと一緒に小倉と門司港へ1泊2日の小旅行に出かけてました。以前、職場が同じだったCさんが小倉に引越されたので、会いに行くのがメインイベントです。こういう事でもないと、出かける予定が出来ないので、嬉しいです。色々と出かけたいとは思うのだけど、お金も時間も無いなーっと思うと、尻込みするけど、誰かと一緒に、となると、そんなに機会も無いしな、となるものです。
 初日はお天気に恵まれ、暑いくらいだったのだけど、2日目は雨降りで、半袖ではちょっと寒い、という感じでした。小倉では、小倉城、庭園、松本清張記念館を巡り、これがとても面白く、しかも平日で人がほとんどなくって、ほぼ貸切状態で楽しめたのでした。

ocm お昼は私がリクエストしたサンドウィッチファクトリーOCMという、お寿司屋さんスタイルな感じで、好きな具を選んでその場で作ってもらう、というお店。私はチキン&オリジナル(ミートソースみたいの)でパンは焼いてもらいました。美味しかった!こういうお店、関西にも欲しいなー。凄い混んでましたよ。

小倉城 小倉城。お城は中に入るより外から見るがいい、という事も多いのだけど、こちらは中にアトラクションも多く、見て参加して、楽しませるように作られていました。

飛脚と対決 こちら飛脚と対決コーナー。頑張って走ったけど、撃沈。トモコさんは凄く惜しい結果。展示だけじゃなくて、こういう参加型のものも多く、空いてると次々試せて面白いです。

すごろく すごろくもあって、結構盛り上がりました。あと、この時代の食卓にあったものを選べ、みたいなゲームとか、籠に乗って記念撮影出来たりとか、ジオラマや、映像での時代説明など、盛りだくさん。

小倉城 小倉城の敷地内にある松本清張記念館でもへぇーーーーっと、何度も感嘆の声を挙げ、お庭で涼んだりしてたら、凄い時間経ってました。

マカロニ 歩いてたら、何だか凄いアートなペンネちゃんがズラっと並んでるのです。何これ?!と興奮してる私。でも、どこにも説明が無いのです。後でCさんから情報を得たところ、

マカロニ 春分の日と秋分の日に穴から太陽を見るとヒマワリに見える、というカラクリが!どっちの日でもなかったけど、覗けば良かったー。

三木屋 そして、三木屋という素敵な古民家カフェでCさんのお子様のお迎えの時間までお喋り。苺パフェ、チョコのロールケーキが半分乗ってる。パフェは1人の時はあんまり食べないけど、美味しいよね。私もカフェでやりたいんだけどなー。

縁側 縁側もあって、気持ちの良いカフェでした。この後、教えてもらったケーキ屋さんに行き、ケーキや焼き菓子を買って、門司港へ移動。明るい時間が長いので、夏の旅は活動時間が長くていいですねぇ。

旅のお土産色々。

2014 年 10 月 2 日 木曜日 17:39

お庭 関西に台風接近しそうな月曜ですが、何とかそれて欲しいものです。何より大阪まで無事にたどり着けない場合があるからなー。仕込み量も分からないし。ギリギリまで毎日天気予報見ながら冷や冷やしていると思います。毎年必ずこういう日があるもんなー。
 8月末の2泊3日の瀬戸内方面の旅行では、色々とお土産も買ってきました。ガイドブックに載っていて行ってみたかった木工雑貨の「1 plus 7」というお店。しかし、私はガイドブックを忘れてきてしまったので、お店の名前もあやふや。トモコさんのスマホで検索してもらい、途中で人に聞き、何とか見つけたという感じです。大きな通りに面している訳じゃないので、見つけたときはガッツポーズでした。
 素敵なお家とお庭で、楽しんで物作りをされてるのが伝わってきて、いいなぁと思いました。お家の家具なんかも手作りで、私もこういう才能があればなぁ。

お土産 フレームや小物入れや色んな木工雑貨があったのだけど、私はレジっぽい小物入れを。レシートと領収書の保管・整理に使おうかと思ったけど、玄関にハンコや自転車とか家の鍵入れにしようかなぁ。

お土産 パカっと上が開いて、引き出しもありますよ。

1plus7 せっかくだから何か書いてって、と言って頂いたので、トモコさんと二人で記念に一筆、メッセージを残してきました。

1plus7 大きな敷地ではないのだけど、可愛らしく手作りの物が溢れていて素敵な空間です。

1plus7 書き残していったメッセージはこういう感じになるのかな。壁にこちらに訪れた方のメッセージがありました。

お庭 緑の中に緑の廃車があって、不思議な雰囲気。雨が降っていたのだけど、それも何だか良い雰囲気でした。

ネコノテパン 尾道で買ったネコノテパンのカンパーニュとスコーンとバナナケーキ。マドレーヌも買ったのだけど、それは高速バスの中で食べました。

いちじく いちじくは道の駅で、夕方遅くに半額になっていたから。因島のホテルで朝、トモコさんと食べて、残りの1個は家まで持ち帰り。京都の紫の皮と違って緑の皮のイチジク。皮も薄くて美味しかったです。

道の駅にて 乾物も色々。いりこや干ししいたけ、干し海老。

道の駅にて 右側のゆず茶って売ってたんですが、乾燥させた輪切りの柚子!甘いマーマレードみたいな韓国の柚子茶しか知らなかった私、ビックリ。あと、塩抜きしてないひじき。スーパーのより硬いから塩抜きした後、長めに煮てね、との事。

因島にて 因島のスーパーにて因島のはっさくゼリーと、レモンケーキ。瀬戸内の島々は柑橘の生産が多くて、私もよくジャムやマーマレード用に届けてもらっているのです。次回は柑橘が色々ある時期に来たいなー。

レモンケーキ レモンケーキは、レモンの形のマドレーヌみたいな感じだった。アイシングとかコーティングは無いタイプの。レモンの形のこういうケーキは色んなお店で見かけました。

柑橘ジュース 柑橘のジュースも色々あったのだけど、重いので迷いに迷って2本だけ(河内晩柑とでこたん)。果汁100%なので、河内晩柑はかなり酸っぱめ。でこたんは、食べた事ないんだけど名前が可愛いなぁと。

尾道ジャム 尾道の商店街で小さなジャム屋さんを発見。凄く種類が多くて、こちらも迷いに迷って3つ。地元の柑橘系も多かったけど、グーズベリーとか野菜系の珍しいジャムも色々ありましたよ。

レモンかりんとう レモンかりんとう。かりんとうは、ガリガリ硬くないと嫌な私、何だかソフトな食感で、これカリントウ違う!と思いながら食べ続けるという(笑)。

プチトマト 道の駅でプチトマト2袋。いや安かったのよー。この時期、めっちゃ野菜が高かったから、重宝しました。旅行に行っても生鮮食品買うって、と思いながら、重くなかったらもっと色んな野菜や果物買って帰ってたと思う。

しまなみタルト 所謂一六タルトなんだけど、結構色んな種類があって、しかも小分けのがあったので、いよかん餡っていうのを購入。昔の一六タルトって強烈に甘かったイメージなのだけど(渋いお茶無いと食べられない、みたいな)、かなり甘さは控えめになってる感じがしました。あれからもう一ヶ月、早いなー。