‘工房が出来るまで’ カテゴリーのアーカイブ

12.設備の設置

2009 年 6 月 6 日 土曜日 6:01

設置前日、仕事から帰って配達を待つ。まず、オーブンとガスコンロ到着。そして冷蔵庫、シンク&作業台到着。ダンボールだらけになった。

設備が届いた

設備が届いた

よし、と気合を入れ、明日に控え作業台を自分で組み立てようかと思ったけど、全てのダンボールの結束バンドをカッターで切り、ゴミ袋に入れた時点で気力が尽きた(気力尽きるの早すぎ)。

Iさんに電話して、「安いの買ったらから、組み立て式なんですけどー」と言うと、「えー、置いたらええだけちゃうんか。しゃーないなー、よし、ほな組み立てたるわ!」と有難い返事。あぁ、ワタシ良い施工屋さんに出会ったわ。


当日朝、サッシが取り外されIさんはシンクや作業台を組み立て、ガス屋さんはオーブンを設置し、電気屋さんはアース工事などをし、賑やかだった。ガス会社の人がガス漏れ点検を終え、午前中で全て終了。

Iさんから家の鍵を渡される。冷蔵庫のダンボールや発泡スチロールなど山盛りのゴミ達も全てIさんが処理してくれた。「キレイになったやんかー」とIさんも嬉しそう。「頑張りやー」と温かい声を頂き、出来立てホヤホヤの工房の真ん中に立つ。ピカピカの工房ってわけじゃない。でも、これが今の私の精一杯だし、十二分に満足のいく仕上がり。

設備の設置が完了した様子

設備の設置が完了した様子

あとは、収納コンテナとラックなどを入れて、保健所の立会い検査を待つばかり。大丈夫、誤魔化してるトコもないし、指摘されて困りそうなトコもない(ハズ)。それでも、漠然と大丈夫かなぁと思いながら、1週間後のその日を待つ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 00

11.設備はネットで発注

2009 年 6 月 6 日 土曜日 6:00

Iさんから、コンクリートが乾いて作業台やオーブンが設置出来る日を教えてもらう。

  • 作業台
  • シンク
  • ガスオーブン
  • ガスコンロ
  • 冷蔵庫

などの配送日を、急いで業者に連絡。

私はこの全てをネットで購入した。お店に見に行く時間も無かったっていうのもあるし、やっぱりネットが安いと思う。中古の作業台やオーブン、冷蔵庫を買おうかと思った事もあるけど、全部新品にした。

ネットで探したら、2槽式シンク1台と、小さい作業台3台が、新品でも合計6万円ほど。冷蔵庫も、中古の業務用か新品の家庭用かで迷ったけど、家庭用で充分だろうと判断して新品を買った。

一番高かったのはガスオーブンと3つ穴のガス台。掃除がしやすいようにとガラストップのコンロにしたので、ここだけは思った以上に出費だった。ここでまた問題として、ガスオーブンとガス台の設置料金は4万円、というお知らせが来た。


うーん任せちゃえば楽だけど、4万円あったらマトファーのジャム鍋が買えるなぁ、と悩みIさんに相談する。「ガスオーブンの設置費、4万円もするから、ガス屋さんに頼めないですかねぇ」と言うと、「頼んだる、頼んだる。そんなん4万なんか勿体無いやん」と、有難いお言葉。よし、マトファーの銅鍋買おう!と1クリックして(こういうトコだけは早い)、オーブン購入の会社に「工事は自分で手配します」と返事。ガスの種類が分からないと売れないと言われたので、「大阪ガスです」と言うと、「じゃ、13Aという種類になるので、13Aと指定して下さい」との返事。

こういう一つ一つの手順が、やる前は果てしなく面倒な事に思えたのだけど、やってみると自分の行動でどんどん物事が進むので、面白いもんだなぁと。

Iさんに手配してもらったのは、ガス給湯器と手洗い。両方とも一番安いヤツ、という注文のみで見繕ってもらった。

手洗いを設置する必要がある

手洗いを設置する必要がある

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 00

10.保健所訪問その5

2009 年 6 月 6 日 土曜日 5:01

5回目の保健所。自分では完璧に揃えたつもりの書類。前回の訪問で、作ってくるように言われた商品の裏面シールのサンプルや、ジャムの殺菌方法のフローチャートなど、規定の書類以外のものを揃えて、図面も清書したものと、食品衛生責任者の証書(これは元々持っていた)等などを持っていざ申請へ。

Sさんからも、「はい、これで大丈夫でしょう」と、お墨付きを貰う。「では、申請料として菓子製造業が14500円と缶・瓶詰め製造業が21000円で合計35500円になります。」とのSさんの言葉に固まるワタシ。

「・・・・・・銀行、行ってきていいですか?」きゃー、馬鹿馬鹿馬鹿——。つーか、缶・瓶詰め製造許可21000円って高くね?ワタシのサイフの中には3万ちょいしか無いよ。Sさん「次回でいいですよー」っと笑ってくれるが、今回お金が財布に入ってれば、6回目の訪問しなくて良かったわけですよ。まぁ、最後まで詰めの甘い事でございましたよ。


しかし、これで書類審査は通ったという事で、工事中のIさんにも報告。「そら良かったなー。」と、Iさん。

おぉー、いつの間にか、壁が出来ている!サッシが入ってる!車庫の跡形も無い!!!ひょえー。自分が状況にすっかり後押しされてる感じで、やらねば、やらねば!という心境になる。

コンクリも壁もきれいになった

コンクリも壁もきれいになった

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 00